サッカー。

Kyogo Furuhashi

古橋亨梧は日本サッカーを代表する才能あふれる選手の一人です。日本代表メンバー。アンドレス・イニエスタと共にヴィッセル神戸で活躍。2020年にはチームのキープレーヤーとして活躍し、リーグ得点王となり、「Jリーグ優秀選手賞」を受賞しました。

2021年、26歳の時にNSNのサポートでヨーロッパに挑戦。セルティックFCとの契約は記録的な移籍でした。ヴィッセル神戸からの移籍選手としては最高額、Jリーグからヨーロッパに移籍した選手としても最高額の移籍で歴史を作りました。2021年はヴィッセル神戸、セルティックFC、日本代表の3チームで35ゴールを記録したという点でも、彼にとって記念すべき年でした。セルティックFCでは移籍後半年足らずで、得点、アシストを伴う素晴らしいパフォーマンスを見せ、セルティック・パークのアイコンとなりました。

 

これまでに獲得したタイトルは、スコットランドリーグカップ、日本スーパーカップ、天皇杯の3つ。

 

NSNでは古橋亨梧をヴィッセル神戸時代からサポートしています。NSNは彼の成長を見守りながら、彼のキャリアップだけでなく、コンテンツ制作、パーソナルブランディング、スポンサーシップと新しいチャンスのマネジメントの両方で彼をサポートしてきました。

次のサクセスストーリー
あなたかも?