メディア制作。

RakutenのIniesta TV

Rakutenはeコマースの巨大企業で、世界的にも重要な一流企業です。日本のヴィッセル神戸など複数のクラブのオーナーであり、FCバルセロナのオフィシャルスポンサー(4シーズン)でもあります。2018年にアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸に加わり、Rakutenはクラブ史上最高の大型契約にあわせて、素晴らしいコンテンツを求めていました。

目的

アンドレス・イニエスタに焦点を当てたオーディオビジュアル・コミュニケーションチャンネルを構築し、日本だけでなく世界のファンに、よりパーソナルな視点からイニエスタを身近に感じてもらうことを目的としています。

 

アイデア

アンドレス・イニエスタの来日は、日本のサッカー界の歴史に一つの転機をもたらしました。彼が加入したのはほかならぬヴィッセル神戸でした。

 

そこで、 Rakutenの協力を得て、Iniesta TVをゼロから立ち上げることにしたのです。アンドレス・イニエスタを取り巻く世界を、サッカー選手としてだけでなく、パーソナルな視点からより身近に感じてもらえるコンテンツを提供するプラットフォームです。イニエスタの日常生活、日本文化の体験、キャリアの節目、友人とのつきあい、マスタークラスの様子などを見ることができます…

アンドレス・イニエスタを主役にしたショートビデオをIniesta TVプラットフォーム、Rakuten Sportsのアプリ、SNSで配信することにしました。親しみやすいスタイルで、いずれも現在のフォーマットに対応しています。

実際の撮影では、バルセロナ(スペイン)と神戸(日本)の2つの撮影クルーの協力をあおぎました。その結果は?トータルで450分あまりのコンテンツ、70日間におよぶ撮影、60名以上の主人公たちが、60本のショートビデオにまとめられました。

 

配信方法

コンテンツは100%デジタルで、グローバルなスポーツプラットフォームRakuten Sportsのほか、Rakuten SportsアプリとSNSで配信しています。イニエスタの重要性とファンの多様性を考慮して、すべてのコンテンツを3つの言語に翻訳し、字幕を入れています。

次のサクセスストーリー
あなたかも?